500万円以下のEC運営代行ならU-turn!HP制作、LP制作、作業代行、コンサルティングなど成果報酬型でECの運営代行を致します。|楽天市場、Yahooショッピング、自社カートまで対応

 
U-turn お問い合わせ

酷暑!!!!

売上UP】,【 楽天市場もろもろ

こんにちは!

暑い日が続きますがみなさん如何お過ごしでしょう?

 

寝るときもクーラーをつけないとなかなか寝付けません。

朝起きて頭が痛くないか確認するようになったKです。

 

そんな酷暑の中、圧倒的に売れる商品といえば、冷感商材です。

楽天市場の売上ランキングを掲載させていただきました。

冷感マット、冷感タオル、送風機に保冷剤を入れて冷たい空気を出すやつも人気ですね。

 

まあ、楽天のコンサルをやっている以上、

この時期に冷感商材が売れる事を知っているのは当たり前です。

 

とはいえ、今年は異常です。去年はここまで占拠していなかった気がしますね・・・。

やっぱり暑すぎるのでしょうか?

 

家の近くで遊んでいる子供も、上でランクインしている冷感タオルを

首に巻き付けて遊んでいるぐらいです。

 

ここまで浸透しているか!とびっくりです。

あとは親世代(30-40代)がネットショップのヘビーユーザー世代ですしね。

 

弊社がコンサルをしているクライアント様で、

今年初めて冷感商材を取り入れた店舗様がおります。

7月途中ですが、前年比180%アップです。売上が伸びた分はほとんど冷感商材関連でした。

前年15-20%増加程度で推移していたので、売上アップの起爆剤にできました。

 

一方で諸々の都合で仕入れられなかったお客様もいらっしゃいました。

こちらは、今月、来月売り上げを伸ばす事はなかなか難しくなるでしょう。

(それでも伸ばさなければならないのが、辛いところですw)

 

やはり売れるタイミングで売れる商品を製造する、仕入れる、というのは非常に重要な事です。

 

もちろん、在庫を入れる事ができないのは、

 

他に投資した!コストがかかりすぎた! → キャッシュ足りない問題

本当に売れるの?競合がいくらで販売するか調査が先! → 在庫リスク怖い問題

工場がパンパンで製造不可!卸元が商品を売ってくれない! → 物理的に仕入れられない問題

 

など様々な理由があります。

 

今回は冷感商材なので夏だけの一過性の問題といえばそうです。

しかし、年間通してしっかりと売上予測を立てている店舗様は、

確実に数字に入れ込んで考えております。

(冷夏だと売上が寂しい・・・などの声も聞きますw)

 

まず、どんなに小規模な店舗であっても、年間で考えるようにしていきましょう!

ここが最初の一歩で非常に大事なポイントです。

 

さらに、もし年間通して売れるであろう商材を扱っているにもかかわらず、

上記の問題で立ち止まってしまう店舗様は要注意です。

顕著に売上が停滞します。

 

この現象に陥る店舗様は最初に仕入れる数量も少ないため、

3,4個売れたら在庫ない → 仕入れに時間がかかる。または仕入れ自体ができない。

となります。

 

そうなると、下記のようにハマります。

 

①売れていなかった商品が売れる!

②楽天市場内検索順位上昇!

③さらに売れる!

④検索順位さらに上昇! → さらに売れる!

⑤あれ、在庫ない・・・。

⑥検索にひっかからない。店舗アクセス人数減少。

⑦在庫しばらく入らない。店舗アクセス人数改善しない。

⑧在庫入った!でも検索順位は下がったまま。店舗アクセス人数改善しない。

⑨他の売れていなかった商品が売れた!

※負のループ開始・・・

 

波に乗る!流れに乗る! 等 さまざまな表現方法があると思いますが、

なんにせよ、乗り遅れると乗りなおすのは結構大変です。

 

特に楽天市場の売上だと100万円以下で停滞している店舗によくみられる現象

だと思います。※個人的見解です。

 

在庫をしっかりと確保できないと、安定して売上を伸ばすのは非常に難しいです。

質の良い仕入れ先の確保、緊急時に使えるサブ仕入れ先、将来を見通しての製造キャパシティ等、

考えながら運営していくと、少なくても1年は先の事を考えて店舗を運営していく必要があります。

 

年間を通して、どのように販売していくか、まずはしっかりと計画を立ててみましょう。

難しければ、弊社がお手伝いをさせて頂きます。

 

お問い合わせ目安箱

必須御社名
company name(Japanese)

(例)株式会社U-turn
必須ご担当者名
person name

(例)田中 太郎
必須メールアドレス
mail address

(例)info@u-turn.tokyo
必須電話番号
telephone number

(例)03-6907-0187
任意ウェブサイトURL
SITE URL

(例)http://u-turn.tokyo
必須お問い合わせ内容をご入力下さい
remarks

Copyright © 2017 U-turn ltd. All Rights Reserved.

TOPへ戻る