500万円以下のEC運営代行ならU-turn!HP制作、LP制作、作業代行、コンサルティングなど成果報酬型でECの運営代行を致します。|楽天市場、Yahooショッピング、自社カートまで対応

 
U-turn お問い合わせ

楽天市場での掲載商品数について

楽天市場もろもろ

 

こんにちは。

台風の風のため、自転車通勤ができないKです。

 

楽天市場のロゴが変わったため、楽天市場の歴史についてちょっと調べてみると、

興味深いデータがありました。

 

※下記に出てくる数値は時系列のズレや細かい記載を省いた、

正確なデータではありません。仮想の数値として捉えて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

楽天市場は1997年から始まりました。

約20年前の出来事です。

 

私がネットショップのコンサルを始めたのが、7~8年前。

その10年以上前から楽天の三木谷社長は

EC業界が発展すると読んでいたわけです。

すごい先見ですよね・・・。

 

調べてみるとちょうど私がコンサルを始めたころ、

2011年に楽天市場の流通総額が1兆円を超えたようです。

 

出店店舗数は約3万8000店舗

1店舗あたりの年商が約2630万円 月商に直すと219万円になります。

 

この中には当然出店したての店舗様もいれば、

楽天市場がオープンした当時から参画している店舗様もいます。

 

2012年には楽天市場のアイテム数が1憶アイテムを超えたそうです・・・

はいストップ・・・。

 

1年しかたっていないので、そんなに大きく変わっていない前提で、

ざっくりで計算しますと、

 

年間で1兆円 の売上を 1億アイテム で作っているのです。

 

1アイテムあたり、10,000円の売上ってことですね…年間で…。

月商に直すと、 1商品で833円・・・。

 

あくまで平均の数値ですが、重要な指標になりえるかも?

と思いました。

 

売れてる商品、全然売れない商品、単品系通販など、

様々な条件があるにせよ、1商品の価値は平均すると月833円なのです。

 

商品数を多くそろえる必要があるジャンルの店舗様には面白い指標ですよね。

そこで現実と照らし合わせてみました。

 

とあるクライアント様の実話です。

1年ほど自力で運営して売上が少しずつ伸びたものの、

売上としてはものたりない状態が続いていたので、

弊社にご依頼頂きました。

商品数を多く保持する事が売上につながるジャンルの店舗様です。

 

その店舗様のコンサル開始前の売上を商品数で割った結果

1商品あたりの月商は約650円でした。

ほおー。結構近いですね。

 

現在では1商品あたり2,500円ぐらいにまで伸びてきました。

商品数は2割程度しか増加しておりません。

 

とはいえ、商品数が多く扱うジャンル、少ないジャンルがありますので、

あくまで参考程度に!すべての店舗様に当てはまるわけではありません。

 

もう一つの指標として、

約3万8000店舗 → 1億アイテム = 1店舗あたり2631アイテム!

2631アイテム が 月833円 の売上を持ち寄って、平均月商である、

219万円を出しているってことなんですねー。

 

商品数が多いことが重要である店舗様は、

この数値以上の商品数が平均となります。

足りてない店舗様!頑張って商品を増やしましょう!

 

※上記に出てくる数値は時系列のズレや細かい記載を省いた、

正確なデータではありません。仮想の数値として捉えて頂ければ幸いです。

お問い合わせ目安箱

必須御社名
company name(Japanese)

(例)株式会社U-turn
必須ご担当者名
person name

(例)田中 太郎
必須メールアドレス
mail address

(例)info@u-turn.tokyo
必須電話番号
telephone number

(例)03-6907-0187
任意ウェブサイトURL
SITE URL

(例)http://u-turn.tokyo
必須お問い合わせ内容をご入力下さい
remarks

Copyright © 2017 U-turn ltd. All Rights Reserved.

TOPへ戻る