500万円以下のEC運営代行ならU-turn!HP制作、LP制作、作業代行、コンサルティングなど成果報酬型でECの運営代行を致します。|楽天市場、Yahooショッピング、自社カートまで対応

 
U-turn お問い合わせ

俺のファンはどこにいるんだー

コンサルティング】,【 リピート施策】,【 売上UP】,【 未分類】,【 楽天市場もろもろ

いつでもどこでも一緒にいるやつといえば




そうです。皆さんお世話になっている。
LINE ライン

 

U-turnの大工担当の私Jも
もちろんプライベートでも、クライアント様のやり取りでもガシガシ使ってます。

 

 

もはや日常の一部になった。ラインですが、
昨今、企業が宣伝に用いるのも多くなりましたね。

 

ライン@(ラインアット)

 

 

様々なSNSが普及し、その都度企業アカウント用意して情報の発信をして、、

とやるわけですが、その特質を理解し運用しないと

効果がいまいちで、手間だけかかってしまいますね。。

 

 

うん、つらい笑

 

そんなライン@

 

最近では、EC企業・店舗も積極的に導入してますね。

 

 

使い方を理解したうえで、
効果的に情報発信するのがとても大切です。

 

 

本日は、自分自身の復習も含めライン@の運用について。
ECでも新規出店する際は、

 

 

まずは、【アクセス】アクセス人数を意識します。

リアル店舗でも、当然お客様に足を運んでもらえなきゃ話になりませんもんね。。

 

新規出店さまでも既存店さまでも絶えず新規を追いかけていきますが、

新規店舗さまと既存店さまの大きな違いは【リピート】です。

リピート数、リピート率を気にします。
リピート = ファン
という構図です。

新規出店だと、新規の方がまだいないので
すぐにリピートとはなりませんからね。

 

ECでもリアルでもどれだけファンがいてくれるかで店舗運営も安定します。
(当たり前の話をしてます。突っ込まないでください。あくまで、流れに沿って。笑)

 

このリピートを確保するために

企業様、店舗様は並々ならぬ労力を注ぐわけですが

そのリピートを促すツールこそライン@でした。

 

多角的に情報発信をするSNSですが

ライン@はまず、企業とユーザーが繋がり

はじめて情報の発信ができます。

 

「 追加で〇〇〇円off 」

とかサイト上でも街中でよくみかけますね!

繋がるための販促費みたいなものです。笑

 

 

メッセージのように情報発信もできれば、

タイムラインに投稿もできますので、用途に合わせて使い分けできます。

※プランにより制限があります。

 

以前は、メルマガが大きな存在感をはなってましたが、昔ほど効果もなくなりました。
そもしも、開封されずゴミ箱いきか、配信解除、配信不要をチェックされる始末です。

 

そこに出てきたのが、

 

ライン@

 

普段使いでも利用しているため
メールをいちいち開くことなく気楽なんですね。

ECでもリアルでも

 

リピート = ファン

 

になっていただくのはとても大切で、且簡単ではないです。

 

ユーザーとの距離を縮めるライン@は

気軽で効果的な

 

【追客ツール】といえるでしょう。
弊社でもクライアント様のサポートしてライン@運営代行(運用代行)を始めました。

 

気になりましたらお気軽に。

お問い合わせ目安箱

必須御社名
company name(Japanese)

(例)株式会社U-turn
必須ご担当者名
person name

(例)田中 太郎
必須メールアドレス
mail address

(例)info@u-turn.tokyo
必須電話番号
telephone number

(例)03-6907-0187
任意ウェブサイトURL
SITE URL

(例)http://u-turn.tokyo
必須お問い合わせ内容をご入力下さい
remarks

Copyright © 2017 U-turn ltd. All Rights Reserved.

TOPへ戻る